結婚活動を考えると不動産投資活動がわかるってホント?

まるで婚活!?不動産投資活動(投活)を始めよう

まるで婚活!?不動産投資活動(投活)を始めよう

結婚活動(婚活)ならピンと来るけれど、不動産投資活動(投活)と言われるとあまりイメージがわかないという方もおられるかもしれません。でも、婚活と投活は意外と共通点が多いのです。投活が分からない人でも、婚活にたとえて考えると、投活がどういうものかが見えてきます。


婚活で重要なことは、投活でも同じく重要です。たとえば、婚活ではたくさんの出会いがなければ、自分の条件に合ったパートナーには出会えません。投活でもそれは同じです。たくさんの物件に当たらなければ、自分がこれと思うような条件の物件はなかなか見つかりません。どちらも、出会いの数が勝負の決め手になります。


また婚活で苦労するのは、出会った人が本当に結婚するにふさわしい人かどうかの見極めです。同じく投活も、どの物件が自分の思った通りの収益を生むかどうか、その見極めが難しいのです。


婚活は自分の将来のことを考えて、自分が共に生きていくパートナーを探すために行う活動です。投活もまた、今すぐ儲けるためではなく、自分の老後や子どもの未来のために将来を見据えて行う活動です。未来のための投資活動という点でも共通します。自分の将来のため、投活を始めてみませんか?


まるで婚活!?不動産投資活動(投活)を始めよう

投活は婚活と同じく情報が左右する

物件のことをよく知らないと、投活は成功しません。

投活の心得は、婚活にも共通する!?

投活の心得を知っていれば、婚活もうまくいく!?

投活は婚活と同じく情報が左右する
奥手になるだけでは、物件との縁は生まれない
婚活と同じく、「将来有望かどうか」の判断が難しい
自分にあった住居や投資物件を見定める
積極的に情報収集して、候補を絞り込む
最終的に決定したら、いよいよ購入に踏み切る
たくさんの物件との出会いが勝負を決める
最初は小さな投資から。失敗も計算に入れる
投活の心得は、婚活にも共通する!?
立地と収入のバランスに注意する
見かけだけに惑わされないようにする
良い物件と巡り会うには、一に「努力」、二に「運」
迷ったときは無理せずに休む
管理会社の検討にも時間をかける
投資が副業のときは、あくまでも本業に力を注ぐ
慣れないうちは、小さな収益を維持する